出会いアプリのぎゃるるで藤田ニコルちゃんのような可愛いプロフ写メを掲載している女の子とアポが決定、待ち合わせ場所で期待しながら待っていたのです。
あんな可愛い女の子のオマンコに挿入ができるんなら、最高過ぎるなんて気持ちになっちゃっていたんですけどね。
だけど、その待ち合わせ場所にやってきた女の子は…藤田ニコルちゃんとは似ても似つかない、アジアンの隅田みたいな女だったのです。
「えっ?なんで?どうなってんの?ニコルちゃんは?」
頭の中で一気にこんな考えが浮かんでは消えていきました。
小さな目が離れているし、への字の口に尖った顎、ミイラみたいな女の出現に、それまでビンビンだったチンコが一気に萎んでいきました。
まったく違った相手がやってきたんだけど、根がチキンなので断りを入れることもできなく、言われるままホテルに入ってしまったのでした。
さすがに意気消沈していたのですが、それでも素人のオマンコがそこにはあるのですから、とりあえず挿入して射精すればいいかなって考えを変えていきました。
相手はすぐにシャワーをしてバスタオル姿で出てきて、ベッドに入ってこちらを招いているって感じ。
しかたなく体を触っていくと、「挿入をはじめて」と言い出してきました。
しかたなく彼女のオマンコにチンコを突っ込んで、ズボズボと動かしていったのです。
素人のオマンコだからと自分に言い聞かせながら、それなりの快楽を楽しみ射精をしました。
僕が射精すると彼女の方はすぐにシャワールームに入り、着替えを済ませて「それでは2万円を」とお金を要求してきたのです。
何で?ただまんじゃなかったの?って聞いたら、条件にホ別2と書いておいたと言ってきました。
しかも、怒りそうな雰囲気がありましたから渋々お金を渡してホテルを出たのです。
ホテルにいた時間は30分、ホテル代も含めると2万5千円の出費でした。