藤田ニコルちゃんとファックが楽しめると思っていたんだけど、アジアンの隅田がやってきちゃって、しかも30分でホテル代込みの2万5千円の出費は、余りにも納得いかないものだったのです。
この話を思い切って、会社で仲良くしてくれている同僚に話すことにしてみました。
どうにも自分の心の中だけで収めておくのは出来ないなって感じでしたし、ストレスの発散のハケ口にもなるかもと思って話すことにしたのでした。
すると、無料の出会いアプリを使うのは、自殺行為だと言う事を言われてしまいました。
「無料のぎゃるるだろう、そんなの使う方が悪いって思った方がいいぜ」
「それってどういう意味?」
「すぐにメッセージの交換ができて、即会うことができたわけだよな。
写メとまったく違う女がやってきた、相手は反応しないし30分で終わってしまう、さらに2万円を支払うことになったと言うのはね、それは業者って言うやつなんだよ」
「業者って?」
「援デリでも知らねえのか」
「まったく分らない」
「これだから素人は困っちゃうんだよな。
つまりさ、あれは違法の業者で、素人の女じゃなかったって事だよ」
素人じゃなかった、何だかますます落ち込むような気持ちになってしまいました。
「無料の出会いアプリなんてのは、結局はその程度の出会いしか見つからないんだよね」
「やっぱりアプリじゃ本当の可愛い素人は無理なんだね」

「それはまったく話が違うね。
ちゃんとした出会い系アプリを使うことで、可愛い素人と出会うことはできるって言えるんだぞ」
「それは本当なの?」
ちゃんとしたアプリを使うことで、素人と出会うことができるなんて言われちゃって、その話に興味を持ってしまいました。
しかも可愛い子もいると言うのですからね、さらに「ロリフェチのおまえが好むような子もいるんだぞ」とにやけ顔で言ってきたのです。